2009年07月03日

さわさわ戦略・キザミ幅とリスク収益率

 一定の値幅でナンピンと利食いを繰り返す「さわさわ戦略リピートイフダントラップトレード)」において、期間収益額に対する最大リスク金額の割合をシミュレーションしてみました。

■シミュレーション条件
通貨ペア:AUD/JPY
期間:09.1.2〜09.6.19
仕掛けタイミング:一日一回
仕掛けと利食い:1円ナンピン、1円利食い、および2円ナンピン、2円利食い
上伸時の仕掛け:高値を付けた翌日に、高値より1円下落、または2円下落をイフダン指値
想定外の下落:損切りをしない方針

続きを読む
posted by のんびりまこちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さわさわ戦略

2009年06月03日

私の「のんびり・さわさわ戦略」

 さわさわ戦略リピートイフダントラップトレード)の基本的考え方は、「為替の変動を当てる」ことをあきらめること

 為替の上下は、当たりません!
 あえていえば、10年単位で考えると、為替ペアの変動幅は、ある程度限られているようにみえます。
 日々の変動は分からないが、「為替は変動している」という事実のみに注目し、その変動を潮力発電所のように収益に結びつける方法が、さわさわ戦略です。

 具体的方法は、階段状に高金利通貨の買いポジションを複数仕掛け、階段状に決済指値を設定する。
 決済されたら、すかさず同一のイフダン指値注文を繰り返します。

 仕掛けと決済の階段の幅(キザミ)が狭ければ、ヒットする確率が高くなり、幅が広ければヒット回数は減ります。
続きを読む
posted by のんびりまこちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さわさわ戦略

2009年05月12日

私の「のんびり・さわさわ戦略」

 為替王さまのブログに、「さわさわ戦略」(リピートイフダン・トラップトレード)の興味深いシミュレーション記事が載ってます。


 さわさわ戦略は、常時評価損を抱え込むやり方です。
 従って、ポジションゼロにして評価する方法と、利益額を単純比較はできないと考えています。


 上記ブログの記事は、読み物として面白いのですが、「ロスカットをしない」条件で、ポン円をキザミ25銭で20単位(20万ポンド買い)仕掛けるとは、度胸の足りない私には夢の世界です。


 では、小心者の私の「さわさわ戦略」は?
続きを読む
posted by のんびりまこちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さわさわ戦略

2009年04月26日

スキャルピングに挑戦

 私のトライしたスキャルピングは、最も短期の1から2pipsを狙うもの。

 5分足でのトレンドの逆行を拾いました。
 損切りは、100pips。

 やる前なら、1〜2pipsなら、タイミングも何も考えなくても、簡単に取れるように思いますね(*^_^*)

 ところが・・・

続きを読む
posted by のんびりまこちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2009年03月23日

さわさわ戦略・両建ての売り玉損切り方針

 どうやら、円安トレンドに転換したようで、クロス円が堅調ですね。

 私の「さわさわ戦略」では、昨年来の想定範囲(戦闘範囲)を超えた下落に、階段状に売りポジション(両建て)を持つことで収益チャンスを得ておりました。

 しかし、上記トレンド転換確認のため、損切り方針を決めました。
 異常にのんびり構えているのは、既に「つなぎの買い玉」を建てているからです。続きを読む
posted by のんびりまこちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さわさわ戦略

2009年03月03日

潮力発電所のようなシステム売買

 潮の干満の自然現象を利用した潮力発電所。
仕組みは、満潮時に流入する海水のエネルギーで水車を回し、干潮時には弁を切り替え、流出する海水で水車を回す。

 為替も、先のことは一切分らないが、過去を振り返ると確かに上下のうねりを見せている。
 このうねりを取るには、”適切なタイミングで”弁を切り替えれば可能なのは、わかるのですがタイミングが難しい(^_-)-☆

 弁を切り替えずに利益を作り出すことはできないのでしょうか?
続きを読む
posted by のんびりまこちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さわさわ戦略