2010年02月23日

確定申告前に考える「さわさわ戦略」

 「さわさわ戦略リピートイフダントラップトレード)」は、値動きを機械的に収益に結びつけるために、階段状にポジションを持ちます。

 すると、必然的に値洗い損を抱えることになります。
 この「値洗い損」を、その年度の収益分だけ相殺することで、節税?ができます。 
 具体的には、11月までの月次損益データを入手し、12月分の決済記録を合算します。
 12月分のスワップポイントは、推定になりますが、大きな狂いは出ないでしょう?

 年間の売買収益とスワップポイントの合計を把握したら、その金額分に近い「値洗い損」のポジションを、損切りしましょう。
 
 どんなに大きな「値洗い損」を抱えていても、自分が苦しんでいるだけで、収益に課税されることには変わりありません。
 少しずつでも損切りして、すっきりお正月をむかえましょうわーい(嬉しい顔)
 
posted by のんびりまこちゃん at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | さわさわ戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35511023
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック