2008年03月21日

トラップトレード、正にこの方法でした

 為替王さまのブログを読んで、私が実践しておりましたのは、正にこの方法でした。
FX(外国為替)基礎  

 具体的には、ドル円の買いを1円キザミで分散買いし、1円の上昇で利食いを繰り返します。
 ブログには、このトレードを自動的化できるFX会社(M2J)が載っておりますが、わたしの場合は手動で実施しました。
 ドル円の一日の平均変動は、最近は2円も、3円も動きますが、2年ほど前は平均すると65銭程度でした。
 したがって、私の1円キザミのトラップに引っかかる頻度は、二日に一回程度でしたから、手動でも充分追随できたのです。

 ところが、ここにも大きな落とし穴がありました。

 落とし穴と申しますのは、想定したボラティリティを越えた場合です。

 ドル円のヒストリカルボラティリティは、当時9%内外でした。
 ドルの上昇トレンドが続いている間は、ずいぶん甘い汁を吸いました。
 なにせ、1万円が二日に一度の割合、時によっては、毎日転がり込むのです。

 すっかり、のぼせ上がったのでしょう。
 キザミを半分まで縮めたこともありました。

 目を覚ましてくれたのは、07年の2月と8月の急落です。

 2月の急落では、計画通り1円キザミで買い下がり、急速に戻しましたから、ウハウハモードでした。 「この戦略(トラップトレード)は使える」と、自信過剰になったのが、8月の損失拡大の原因と思います。


 8月のドルの急落は、経験したことがないと判らないお恥ずかしい状態でした。
 17日?だったと思いますが、深夜飛び起きて為替を睨んでいた記憶があります。

 充分余裕を持ったつもりのFX会社の買い建ても、急速にロスカットが近付き、資金追加しました。

 経験者が書いておられる、「胸が息苦しく震えがくる恐怖感」を初めて経験しました。
 お恥ずかしい話、恐怖で売買の判断ができなくなるものです。

 両建てできるFX会社では、過剰レバレッジ前提でしたから、下値支持線を切ったところに、売り指値し約定しました。
 買いと売り、同じ金額で一安心(両建てし、ふたをする)。

 ところが、今度は売り建ての手仕舞いに悩むことになります。
 下げ続けているうちは良いのですが、売り建ての利益が減少し、損がでてきても、うまく外せなくなりました。
 結局は、安値付近で売りたてした分の損が追加されただけで、結果だけから言えば、両建てしないほうが良かったことになります。(過剰レバレッジの強制ロスカット防止の意味はあります)

 この経験から、自分が許容できるレバレッジ範囲(3倍程度)に買い建て金額を抑えるようになりました。

BIG BANG FX用の口座では、必ず逆指値(ロスカット指示)しますから、損失は限定されます。
 但し、一月前のように、ロスカットが続くと、精神的にへこみますが・・・
posted by のんびりまこちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35484914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック