2007年04月03日

この言葉、胸に響きました

 為替王さまのブログを読んでいて、『機会を「待つ」事と「恐れず踏み出す」事の丁度良い所を日々ひたすら悩んでいる』
という表現が胸に響きました。

 「待つこと」、「恐れず踏み出すこと」はまさに相場の要諦と思います。 実は、日々の売買経験は、まさに「待つこと」と「恐れず踏み出すこと」の反省の繰り返しです。
 足を見ながら、最初の方針を変え、指値を変更。

 結果、指値を変えなければ、当初計画通りの有利な価格で取引できたのに(;_;)ということが多くあります。
 
 相場において、勝つ人は「待つ事ができる人」です。
 これは、経験をつまれた方ならば、どなたにも納得頂けるはずです。

 『また、我慢しにくい場面でも、カレンダーを読んでいると次のチャンスが必ず来ると確信する事ができ、心の平静さを保つことが出来るようになりました。』
 

 『心の平静』大事ですね。
 なにが起きても、心の平静が保たれれば、下手な一手は打たないでしょう。
 この「心の平静」が保てるような建て玉技法、或いは資金管理を
再計画致します。
posted by のんびりまこちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35484659
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック