2006年12月02日

何の兆候かしら?

 ここに来て日米両国の長期金利が急落している感じ。
両国とも、2月の水準まで戻った。
 これは、何を意味するものなのでしょうか?

 日銀は、ゼロ金利を解除したまでは良かったが、次の利上げはマイナスのインパクトが大きすぎ、早々には踏み切れないと市場が読み取った結果では?
 
 同様に、米国債券市場は、住宅価格の頭打ちが個人消費を冷やし、利上げ局面が終了に近付いていると読んでいるのは間違いなさそうですね。

 私は、毎日主な市場情報をメモっておるのですが、市場最高値を更新しているNYが調整に入り、ここ数日の英FTSE100と独DAXの続落が気になりますね。

 また、昨日はドルの一人負け(ドル安)状態でしたが、金価格が伸びないのも、違和感ありです。
 昨年2500円台をつけた金は、今年に入り一時2000円割れを経験しましたが、その後は2000円から2400円のレンジでもみ合って、昨日はその上限の2404円のレベルです。
 一昨日のNYは、653ドル。
過去の最高水準=1トロイオンス722ドル('06/5)まで手が届くかも?
 産金量減少、BRICs実需、米国利上げ打ち止め等の要因で、上抜けする可能性が高いとみております。

 金購入を検討中の方には、こんな情報もあります→国家破産下では金(ゴールド)は使えない
posted by のんびりまこちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35484090
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック